下肢静脈瘤と自然治癒

下肢静脈瘤とはどんな病気?

血液の逆流で下肢静脈瘤が発症

立ち仕事をしている方に多い症状に足のむくみやむずがゆさがあります。最近このような症状が出てきて気になっているという方もいらっしゃるかもしれません。実はこの症状、「下肢静脈瘤」の症状です。あまり聞き慣れない病名かもしれません。
そこで下肢静脈瘤とはどのような病気なのかをご紹介致します。
下肢静脈瘤の情報サイトも参考にしてみて下さい。

私たちの体には二種類の血管があります。酸素をたっぷり含んだ血液を心臓から体の隅々にまで届ける動脈と、体の隅々から汚れた血液を運ぶ静脈です。足にもこの二種類の血管があり、静脈は重力に逆らって上向きに血液を運んでいます。
そのため、血液が逆流しないように静脈には静脈弁と呼ばれる弁があるのですが、この弁が何らかの原因で壊れてしまい、血液が逆流して血管内にどんどん溜まっていってしまうことで発症する病気です。

下肢静脈瘤には4つの種類があります。
一つは太い血管がボコボコと蛇行したように浮き出てくる「伏在静脈瘤」。このタイプが下肢静脈瘤の中でも最も多いタイプです。
そして、伏在静脈瘤から枝分かれした細めの血管が浮き出るものが「側枝静脈瘤」。伏在静脈瘤よりも小さなコブができることが特徴です。
血管が浮き出るのではなく直径2‐3mmの細い血管が広がり、皮膚の上からでも血管が青く網目状になっているのが分かる「網目状静脈瘤」。
さらに小さい直径1mmほどの血管が放射線状に浮き出てクモの巣状に広がっているのが皮膚の上からでも見える「クモの巣状静脈瘤」。
血管のどの部分の弁が壊れてしまうかで現れる静脈瘤の形が異なってきます。

4種類いずれの静脈瘤が発症したとしても、風邪などの放っておいても免疫力が回復することで自然治癒する可能性のあるものとは違い、放っておいても自然治癒することはありませんから、もしかしてと思われたら病院を受診して早めに治療しましょう。

Copyright © 下肢静脈瘤とはどんな病気?. All rights reserved.